Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セブ島の治安 トラブル例
0
    JUGEMテーマ:アジア

    セブ島で結婚式を検討されている方に必ず聞かれるのが

    「セブって治安は大丈夫ですか?」

    というご質問。やはり、セブ島=フィリピン=治安が悪い
    というイメージは固いようです・・・

    安易に答えられない質問ですが、簡単に言えば
    良いとも悪いとも言えません。その人の行動次第というところです。
    諸外国に比べ特別に悪いわけではないと思います。
    基本的なことに注意をしていただければ
    安全に旅行をお楽しみいただけるはずです。

    過去にセブ島であったトラブル例をいくつかご紹介します。
    フィリピン特有ではなく、他の国でも普通に起きてることがほとんどです。

     貴重品を盗まれた!!

    ショッピングモールやマーケット、公共の乗り物などにはスリが
    いますので、人の多い場所での貴重品の管理には充分に注意してください。
    なお、お部屋内に現金を置きっぱなしにしたり、レストランのテーブルの上に
    カバンを置きっぱなしにする、などというのは論外。
    ホテル内でも貴重品はセーフティBOXへ。
    ただし、セーフティBOXに入れておいた財布から現金が減っていた、
    というケースもゼロではないです。稀ですが、あります。
    私はいつも、セーフティBOXのボタン(ナンバーを打ち込むタイプ)を
    綺麗にしてます。(どの番号を押したか、指やほこりの跡で読み取れる)
    中級ホテル以下の場合には、BOX内に「¥20,000」「P10,000」などの
    残金明細メモを分かりやすく置いておきます。
    カメラやパソコン、携帯などはつい、部屋に置きっぱなしにしてますが
    今までに盗まれたことがないのは、運が良かったということだけです。
    高級ホテルでは、部屋のものがなくなることは滅多にありませんが、
    高級・中級問わず従業員のモラルと教育によるものなので、
    ○○だから絶対安心、というのは言えません。


     強盗、ひったくりにあいました
    運が悪かったか、行ってはいけない場所と時間を知らなかったか。。。
    セブシティ、マクタン島にも治安の悪い地域があります。
    知らない地域でぶらぶらと出歩いたりせず、
    乗り物に気をつければ避けられるケースがほとんどです。
    たとえば、セブシティの「カルボンマーケット」というところは
    治安の悪さで有名です。観光ツアーなどですと、「車窓からの見学」
    になります。一見すると、人もたくさんいるしそんなに危険そうに
    は見えません。私はガイドと一緒に、30分くらい買物などをしました。
    その時は何もなかったのですが、次回もそうだという保証はどこにも
    ありません。現地のことをよく分からないうちは、「ぶらぶら歩き」は
    危険です。

    ジプニー(バス)に強盗が乗車してきた、という話も聞きますので
    移動は「安心できるタクシー」が無難です。
    ちなみに、全てのタクシーが安心できるわけでもないので、
    詳しくは「セブ島 現地交通手段」をご参照ください。


     ぼったくられました
    アジアでは、ものの値段はあってないようなもの。
    物を買うにも、乗り物に乗るにも、必ず事前に料金を交渉しましょう。
    もともとの物価が安いので、ぼったくりに気づかないケースもあります。
    なお、料金等で喧嘩になり、相手を逆上させると大変危険です。
    毅然とした態度で臨むことは大切ですが、相手を怒鳴りつけたり侮辱するのは
    やめてください。相手に100%非がある場合でも、逆切れされると面倒な
    ことになります。観光客がけがをさせられた例もあります。

     金をせびられた
    チップせびりのような小さな不愉快から、借金の申し込みというような
    大きな不愉快まで、たくさんのケースがあります。
    基本的にはやさしく親切な人が多いのですが、
    チップ目当てで道案内や荷物の手助けをしてくる人もいます。
    たった3秒の手助けで「チップ、チップ」という人もいれば、お礼として
    渡したものを受け取らない人もいるので判断が難しいですが。。。
    マリバゴグリル周辺では、日本語で話しかけてくる人が多いです。
    「どこいくの?」「タクシーいる?」「なにさがしてる?」など。
    無視するのに心が痛む場合には、「ノーガイド、ノーサンキュー」で!


     フィリピン流オレオレ詐欺
    最近はやっているようです。ホテルの部屋に電話がかかってきたり
    外出先で声をかけられたりします。
    「ほら、私、私、あなたのツアーのガイド。(またはガードマン、ホテルスタッフ)」
    というような感じで会話がスタートし、その後借金の申し込みをしてきます。
    基本的には「オレオレ」ですが、本物のガイド(空港に送迎に来た人)や
    ホテルスタッフがお金をせびってくるケースもあります。
    理由は主に「同情系」で、家族の病気、事故、誕生日など。
    貸したお金が戻ってくるはずはありません。
    「どうせ数千円だし、、、」なんて貸して(あげて)しまっても良いことは
    ありません。「あの人はとてもいいカモだ」という噂があっという間に
    広まり、あちこちからやってきます。
    また、あなたに感謝するのではなく、あなたというカモに出会えた幸運を
    神様に感謝します。

     あきらめない物売り
    現地で声をかけられ、安いツアー(アイランドホッピング、観光など)
    に参加すると登場するのがこの人たち。船に乗り込んで来たりします。
    いらない、お金がない、といってもとにかくしつこい。
    こちらでも「同情系」の話がスタートし、「このお金でこの家族が喜ぶなら・・・」
    という気持ちで、そこらへんの貝殻を500円で買ってしまうわけです。
    そして、一人から物を買うと、それを見た周辺の物売りたちがおしよせる
    結果に・・・。
    実弾射撃に行って、銃を持ったスタッフから貝殻を買わされた人もいます。
    ツアー、アクティビティに参加する場合にはきちんとした会社を選びましょう。

     賭博詐欺、美人局
    フィリピンのみならずアジアでは有名な犯罪ですが、
    巻き込まれる人がいまだにいるのですね。
    向こうから声をかけてくる人は基本無視が鉄則です。
    「家族が日本にいる、日本語を勉強している、アンケート調査をしたい」
    「その靴はどこで買ったの?」「昨日、○○で見かけました」
    などといって声をかけてきます。
    そこから話がもりあがり、その人の家に行って賭博詐欺にあったり、
    または食事を出されて料金を請求されたりします。
    日本でだって、知らない人の家やホテルなどの密室に行くのは危険でしょう?

    だいたいがこんなところでしょうか。。。
    緊張したり、人を疑ってばかりでは楽しい旅行にならないのも事実。

    南国の解放感を味わいつつも、気をつけるとこは気をつけていただく
    というのがポイントです。

    セブ島旅行を楽しんでいただければと思います♪



    posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 16:29 | comments(0) | - | - |