Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フィリピンらしいコロナ対策
0

     

    前回の記事で書いた日本帰国への臨時便(フィリピン脱出チケット)は何便か飛びました。セブ日本人会をはじめとする有志の方々が大変な尽力をされたようです。また、政令や航空会社からの公式アナウンスがなかなか出ず、必要な情報が不足するなか、セブポットさんはうまく情報をまとめ日々アップデートされていました。語学学校さんや旅行会社さんは対応力に各社大きな差がでたようですね。このような有事にどのような対応をしたのか、将来的に留学エージェントや旅行会社を選ぶ基準になりそうです。学校やホテルの突然の休業に行き場がなく困る人もいたようですが、政府関係者も外国人の支援に動き出したようです。

     

    現在のような情勢はかつて経験がなく、コロナ感染予防に関する政策はどこの国でも混乱が生じていることは理解していますが、、、、フィリピンの政策は、フィリピンらしさが強く出ていると思います。

     

    ■目先のことしか考えず衝動的、いきあたりばったり

    ■辻褄が合っていない、合っていないことが分からない

    ■人の話をきかない、理解しようとする気もない

    ■自分に甘く人には厳しく

    ■ニュースよりもSNS

    ■怖がり

     

    などです・・・

     

    リーダーが強いのは良いことだとは思うのですが、政令(大統領令、州知事や地域の責任者による令)が日替わりでコロコロ変わっています。

     

    日本人の入国を制限する、いや、しない、しないけど隔離する、隔離運用未定、やっぱ入国禁止、全ての外国人の査証を失効させる、いや、今いる外国人は大丈夫・・・などなど、フィリピン在住の日本人にとっては毎日の緊張感が半端ないこととと思われます。ビザを取り上げられて不法滞在者になったうえに日本へも帰れない、住むとこともない、というような絶望的な状況もあり得たわけですから・・・

     

    フィリピン人に対しても、もちろん移動や営業の制限が課されているのですが、外出禁止条件(対象者、時間帯など)自体が自治体によって異なり、さらに毎日変わっている状況です。突然24時間外出禁止と言い出したり、でも実際に運用はされなかったり。

    日本で例えるなら、国と東京都と港区と六本木1丁目の各リーダーが、毎日違う内容の条件を発表して翌日にはまた4人がそれぞれ違うことを主張しているような、そんな感じです。

     

    もともと社会制度や医療体制がちょっとアレな感じのところへコロナがやってきて、フィリピンを知っている人ほど不安感は大きいのではないでしょうか。失業者が増え、治安の悪化も懸念されています。台風や地震などの災害の多い国でありながら、人々が備蓄をしない(国民性や懐事情により)という状況であり、食料や水の買い占めではなく強奪が起こるのでは、という懸念もありますが、フィリピンらしい良いところもあります。「お互いに助け合う」という精神が強く、日常時はこの精神が「金を持っている人にたかる」ということになりがちですが、非常時には本来の力が発揮されるはず・・・と思っています。

    また、その場しのぎで毎日生きていることもあり、その場その場での対応力・適応力は高めです。事前に計画や見通しをたてることが難しいような状況の今、そのような力のほうが必要なのかもしれません。

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

    posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 15:42 | - | - | - |