Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セブで日本人女性が銃撃・・・
0

     

    セブで日本人女性が銃撃され死亡する事件がありました。フィリピン・セブ島の治安について、過去にも記事を書いていますが、私なりに思うことがあるのと、今後セブに訪れる予定の方で不安に思われる方も多いので、この記事を書こうと思います。

     

    セブ島含むフィリピンの治安情勢にはちょっと特徴があります。あくまで私のイメージなんですが、

     

    「普通の観光客の皆さんが想像するほど悪くはない」

    「普通じゃない観光客(飲む打つ買う)の皆さんが想像するよりは悪い」

    「ビジネスをする人にとっては、想像よりはるかに危険」

     

    という感触です。

    観光客のあいやすい被害というのは、ぼったくり・スリ・置き引き・詐欺等です。他の外国や観光地と比べても、「特別に治安が悪い」と言うほどではないと思います。

    ただ、セブではここ数年で留学生が増えたので、日本人被害者の数も増えています。若い時は警戒心も弱く、安全のために使えるお金も限られてきます。

    カジノ利用等で大金を持ち運んだり、女遊びをする人のリスクが高いことは言わずもがなです。

    このへんのお話は過去にも書いていますし、セブへ行かれる方へ注意していただきたいポイントなどはお客様には都度ご案内していますので省略します。

     

    今回、お亡くなりになったのはセブでビジネスをする方です。フィリピンでは仕事がらみ・お金がらみで、日本人が殺害されることはたまにあります。(日本人だけでなく韓国人や中国人、欧米系の方も同様です)

    保険金殺人や、同国人による怨恨にフィリピンの「人」と「場所」が使われるケースも少なくないです。銃社会、人件費(ヒットマン)の安さ、警察のしょぼさなど、いろんな理由でフィリピンが選ばれます。

     

    同国人が裏にいない場合、やはりお金か怨恨です。

    あちらでビジネスをしている人は、よくフィリピン人のことを「猿」「土人」などと呼びます。日本の小学生でも使わないような、園児レベルの嘘や言い訳、不道徳や盗み、怠惰、日本人からすると信じられない感覚を持つ人が思っているより多数います。(優秀な人もたくさんいますが、人、多いので)

    ミスを指摘したり叱りつけたりすると、仕事に来なくなり、そのうち不当解雇だハラスメントだといって金を要求してくるようなことはよくあります。表面上は明るくフレンドリーでありながら、恨みやねたみを引きずり、嫉妬心や猜疑心が強い粘っこい性格を合わせもつ人も少なくありません。

    そのようなタイプならまだしも、感情的になりやすい、いわゆる「キレやすい」(しかもおおむね逆キレ)タイプも10人いれば1人はいるので、簡単に銃が手に入る社会というのは恐ろしいものです。休暇を却下されて上司をその場で撃ち殺した、カラオケ等でトラブルになって撃ち殺した、なんて事件も起きています。

     

    被害者の方はセブに長く在住されていたようなので、このあたりの事情はよくご存じのうえ、良好な関係を築かれていたかと思います。今回、バイク二人組ということで、突発的なものではなく完全にプロ(ヒットマン)の犯行です。それなりのお金か、長年の怨恨か、ささいな事だったのか。きちんと捜査して解明してほしいです。

     

    セブで日本人女性が被害に遭われたことを大変、悲しく残念に思います。

    ご冥福をお祈りいたします。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

    posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |