Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セブ・ボホール旅行キャンセルなどの状況 2017年GW
0

     

    前回、ボホール島の事件(テロ未遂、テロリストと治安部隊による銃撃戦)について記事を書きましたが、その後のフォローです。

     

    まず、2017年4月21日現在、オランゴ島(セブ・マクタン島から船で20分くらいのところ)ではかなりの緊張状態、警戒地区となっています。これに関してこの後別記事で立ち上げます。

     

    ボホールの事件から約10日間、ゴールデンウィーク目前ですが、日本人のセブ島旅行キャンセルは400〜500名程度とのことです。(エリスブライダルのお客様からは、ご相談はいただきましたが、今のところキャンセルは無いです。)

    日本人よりもツーリストが多い韓国人、こちらはボホール旅行を予定していた人のうち90%近くがキャンセルとなったようです。ボホール島をやめてセブ島に変更した人より、フィリピンへの渡航を中止した人が多いという報道でした。

    以前の記事にも書きましたが、コリアンの方は意外と(失礼・・・)センシティブです。よく、「日本人は心配性で何かあるとすぐキャンセルする」なんて言われますが、韓国人のほうがその傾向は強いです。

     

    韓国の旅行会社は、インバウンド・アウトバウンドともに大打撃ですね。

     

    現在の朝鮮半島の状況を考えると、日本や韓国のほうが怖い気もするのですが、まあ、自分の国で有事に備えるのと、旅先で危険な状況になるのは全然違いますからね・・・・

     

    予定している旅行先で何かあると、「ダイジョウブでしょうか?」と聞きたくなるのは皆同じです。

    これは、「不安だけど旅行には行きたい、大丈夫と言ってほしい」という心理が働いていると思われます。大丈夫かどうかは誰にも分かりません・・・分かっちゃいるけど聞きたいのですよね。

     

    旅行会社の中には、「大丈夫ですよ」というところもあるそうです。うちも、旅行会社ではないけどツーリズム産業なので、「大丈夫っす」と言うべきかも? 言わないけど。逆に、事件のことを煽って過剰に心配させる気もありません。

     

    基本的には分かる限りのことをお伝えして、ご自身に判断いただくしかないのです。

    ただ、分かる限りのことというのはけっこう少ないので、個人的見解であったり、現地の人からの口コミ?的なものを書いています。

     

    とりあえず、オランゴ島の状況についてこのあと別記事にします。

     

    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

    posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |