Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「ケチ婚」するなら二人でやろうよ!
0
    「格安婚」「節約婚」「黒字婚」などいろんな「婚」が広告にあふれているこのご時世。
    昔のように、おおきな費用をかけなくても良くなった結婚式&披露宴だけれど、
    「何のために?」結婚式をするのか、目的ははっきりしたほうが良いと改めて思う
    今日この頃です。
     
    うちは海外挙式を手配しているので、
    「ご祝儀集めて、食事と引き出物ケチって、黒字にしてやろう」
    なんて魂胆のあるカップルにお会いすることはないのですが、
    「それはちょっと・・・」というケチ具合の方は
    過去にはいらっしゃいました。
     
    「節約したい」というのはほとんどの方のご希望です。
    「海外ウエディング、どんなものが必要で総額いくらかかるのか、
    何から決めていけばいいのか分からない。」
    そんな状態から、何を優先させてどこで節約するか、一番重要なポイントは何なのか、
    カップルと相談しながら最適なプランを練り上げていくのが、うちのプランナー&コーディネーターの腕のみせどころ。
     
    「徹底的に節約したい、式だけ挙げれば良い」という方の場合、新郎新婦お二人だけ
    だったらそれで良いのですが、ゲストがいると私たちもちょっと困ります。
     
    まず、ご要望として少なくないのが、
    「ホテルで式だけやって、食事は外のレストランでいい」という方。
    これは、ゲストとして参加する人の気持ちは微妙です。過去に何回かうちでお受けした
    こともありますが、費用の節約が目的では
    なかったので、ゲストにも大好評で成功しました。ですが、費用の節約が目的であった場合、そういう気持ちはやっぱりゲストに伝わって
    しまいます。
     
    ゲストの立場になってちょっと考えてみてください!
    帝国ホテルで結婚式後、さくら水産で披露宴だったら引きませんか??
    休暇を取り、飛行機代やホテル代を払って海外に行ってまでお祝いに参加したのに
    そんな目にあったら。。。
     
    日本と同様、セブ島でもホテル内のレストランとホテル外のローカルレストランでは
    かなり値段が違います。しかも、アジアのローカルレストランは、料理やドリンクが
    出てくるのが異常に遅かったり、虫がいたり、トイレが汚かったりするのが普通です。
    それなりの高級レストランを貸切などで利用するのでない限り、レストランウエディング
    は検討しないほうが無難です。
     
    また、結婚式の直後に、ドリンクを用意させていただくことが多いのですが、
    ここで節約する方もかなりの勇気が必要です。
    挙式中にドリンクのご提供はないので、ここで用意しておかないと、
    ゲストは暑いなかしばらく水分無で過ごすことになります。
    たまに、「水用意してください」というご要望もありますが、海外では通常、水は有料です。ドリンクやフードを依頼する前提で無料となる場合もありますが基本は有料です。
     
    結婚式後のひとときは、遠いところまでお祝いにやってきてくれたご友人やご家族へ
    感謝の気持ちをこめておもてなしをする場でもあります。
    1名様数千円程度の予算が取れないのであれば、初めから、ゲストは呼ばすに
    自分達だけでやりたい結婚式をやるのが良いと思います。
    写真で思い出を残すことが目的なら、式をしなくてもいいわけだし。
     
    なぜこの記事を書いたかというと、ありえないことを言う日本のウエディング会社/
    プランナーという名の販売員が増えてきたからです。会社からしてみれば、
    「ゲストの食事をけちっても、ドレスなどにお金かけてくれればOK、
    むしろそのほうが儲かる」ということが多く、右も左も分からないカップルを
    そそのかしてる場合もあります。
    「20万で全部コミコミ!」というような、初めに内金を20万だか何だか
    払ってあとはご祝儀で後払い、というプランを出している会社の中には、
    「○○円以上のご祝儀の請求をきちんとするように」と指導するところもあります。
    (そうしないと自分達が困るから)
     
    もし、「そういうものなのかな」と思ってカップルが自分達の大切な友人や同僚に
    ご祝儀の請求などしてしまったら、取り返しがつかないことです。
     
    新郎新婦が主役で、何よりもお二人にご満足いただくことが当社の目的ですが、
    ご参加いただくゲストの皆さんにも笑顔になっていただき、良い思い出を長く共有していただきたいです。大事なイベントに関わるプランナーであれば、言いにくいことでもはっきりと伝えるべきだと思っています。




    JUGEMテーマ:海外挙式・フォトウエディング
     
    posted by: ErisBridal | 雑談 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |