Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
出産のご報告
0
    セブ島とは全然関係のない話で恐縮です。。。先日8/28に無事出産しました!!

    現在、セブ島ウエディング手配中の方や、過去のお客様でこのブログを読んでくださって
    いる方がいらっしゃり、また、お仕事面での関係者の方にこの場を借りて出産の報告を
    させていただきたい と思います。
    くりかえしますが、セブ島とは関係ない話、個人的な感想などの長い駄文、
    および痛い&お下の話やお金の話などがありますので、苦手な方は閲覧をお控えください。

    出産レポート

    今回私が選んだのは「無痛計画分娩」という方法です。予定日の少し前に陣痛促進剤を
    使い陣痛・出産を促し、麻酔で痛みを取るというもの。私の周囲ではこの方法を選ぶ人が
    多いのですが(高齢出産が多いせいか・・・)普通分娩が多い日本ではまだまだマイナー
    な方法です。

    「痛みをかんじてこそ母」
    「無痛だと愛情が足らない」

    なんて、何の根拠もないことを声高に主張する人も多いので、興味はあっても普通分娩を
    選ぶ方が多いのでしょうね。「耐えるのが美徳」「楽して産むなんてずるい」という
    日本人独自の考え方のせいだと思います。そう思う方は普通分娩を選べばいいし、
    私のように痛みに弱くなおかつ
    「痛いと痛くないだったら、痛くない方がいいじゃん」
    と単純に考えるタイプであれば、無痛はお勧めです。
    ただし、無痛でも、完全無痛の他に陣痛が始まってから麻酔を始めるもの
    (つまり、多少痛い)や和痛(痛みをなくすのではなく和らげる)など、いろいろな
    種類があります。当然メリット・デメリット&リスクがあるので、興味のある方は
    ご自身で調べて医師と相談のうえご決断ください。

    お産は人によって毎回違うものらしいのであくまで私の結果ですが、
    「無痛にしてよかったけど、楽ではない」という感じでした。

    初産のせいか、なかなか赤ちゃんがおりてこなくて。。。分娩台の上に22時間くらい
    いました(泣)
    22時間ずっと苦しかったかというとそうではなく、

    ■麻酔が効いて「無痛マンセー」と思っている時間・・・50%
    ■無痛分娩とはいえ、事前にちょっと痛い処置の時間・・・2%
    ■麻酔が切れて陣痛に苦しむ時間・・・28%
    (促進剤を使ったあとの陣痛なので、普通の陣痛と比べてどうなのか不明)
    ■麻酔はきいているので痛みはないが苦しい時間・・・20%

    という感じでしょうか。出産時の痛みはなかったですがその前の数時間がつらかった(泣)

    どういう苦しさかというと、「ものすごく強い便意」そのものです。
    お腹弱い人なら分かると思いますが、たとえるなら
    「急行電車に乗っていてお腹が痛くなりがんばって次の停車駅まで耐えて、
    ホームで混んでる人混みをかき分けて駅のトイレにダッシュしたが運悪く
    トイレが全て使用中で冷や汗かきながら待ってようやく空いた個室のドアを閉めた
    瞬間の便意」といったところ。
    これが、3分おきに来て3時間以上続くんですよ。。。痛みがないだけましとはいえ、
    頭がおかしくなるかと思いました。

    ちなみに、一緒に無痛分娩スタートした隣の経産婦さんはあっという間に産まれてた
    ので人によって違います。

    私も苦しかったのですが、子も苦しかったようで、
    産まれた瞬間の産声がなく、すぐに別室に連れていかれました。医者&助産婦さんは何も
    言わず「今から胎盤が出ますね」と後処理を淡々と続けていました。産声がないとはどういうことなのか、頭の中が真っ白になりましたが、すぐに泣き声が聞こえてきたときには
    神様に感謝しました。(普段、無宗教ですが)後から聞けば、やはり仮死状態で産まれて
    きたとのことで、一晩NICUに入りました。

    難産の原因が、高齢(38歳)によるものか太りすぎによるものなのか不明ですが、
    心配要素がある場合はやはりNICUつきの産院がいいですね。。。

    今回、新横浜の病院を選びました。名前を言うと、「あそこは高いよね!」と言われる
    病院です。個室で母子同室、毎度の食事がおいしく(和食、イタリアンが多い)さらに
    お祝い膳(フレンチフルコース)などもあり無痛分娩代含むと100万近くになりました
    が、ここにして良かったと思います。ただ、やはり高いのでもし二人目できたらここを
    選ぶかは微妙。妊娠中の検診は予約しても3〜4時間待ちです。

    何はともあれ、無事に産まれて本当に良かった。




    育児
    今日で、出産から1ケ月が経ちました。出産後の1、2か月は大変だと先輩ママたちは
    おっしゃいますが 本当にその通りだと思います。新生児って寝てばかりいると思ってた
    けど、そうじゃなかったのね。。。

    泣き虫ちゃんなので、睡眠時間やまとまった時間が取れずつらいですが、主人や両親のサポートも厚く、今日からはヤヤ(ベビーシッター)さんに週2回来てもらうことに
    なりましたので助かっています。

    ちなみに、ヤヤ(ベビーシッター)さんはフィリピン人です!
    日本ではベビーシッターの習慣があまりないけれど、保育園不足で待機児童が多い
    このご時世、積極的に考えてもいいと思います。うちは決してお金もちではないし、
    家だって普通の3LDKのマンションで、他人が入ることに全く抵抗がないわけではないです
    が、早く仕事に復帰したい人はシッターを雇うという選択肢を検討してみては?
    業者を通すとバカ高いし、ネットなどで探すのでは不安という壁がありますが、
    知り合いに頼んで根気よく探せば見つかると思います。
    ちなみに保育園見学にも既に行っていますが、来年4月〜0歳児という条件にも関わらず
    かなりの激戦になりそうです。(激戦区と名高い横浜市港北区です)

    子育てしながら仕事を続けるというのは本当に大変なことだと実感しました。私の場合、
    比較的時間に自由がきく&自宅で仕事できるのでまだ楽なほうですね。
    (ただし、この立場になるのにこの数年間休み無でしたが)

    今日から少しづつ仕事に復帰していきますが、まだまだ不定期で、週に3日ほど、数時間に
    なるかと思います。本当は2か月くらい休みたかったのですが、なんか急に円安になっているのでいろいろ対策を立てる必要が・・・(汗

    最後になりましたが、産休中、サポートしてくださった関係者の皆様、
    励まし&お祝いメールなどいただいたお客様、
    本当にありがとうございました。

    これからもエリスブライダルをよろしくお願いします!







    posted by: ErisBridal | 雑談 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |