Category
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
テロリスト警戒 アブサヤフその後 2017年GW
0

     

    明日からゴールデンウィークが始まりますね。

    5/1と5/2がお休みであれば9連休となり、海外旅行へ出かける方も多いでしょう。

    セブ島含むヴィサヤ地方へのテロ警戒・注意を受けて、フィリピン旅行をキャンセルした方も、気にせず行く方もいらっしゃると思います。皆様、良い休日となりますように。

     

    さて、その後の状況ですが、まず、オランゴ島でテロリスト(アブサヤフ)の疑いがある武装した人がいたというニュースについては特に続報はありません。ボホール島については、銃撃戦となった時に逃げたメンバーのうち3人が追加でつかまり(というか殺されました)、残りはあと1名か2名というところらしいです。残党による報復テロなどが心配されてきましたが、武器・食料もなく、相当弱っているというあちらのニュースでした。

     

    引き続き警戒は必要だが差し迫った緊張状態ではないという印象を受けました。

     

    ミンダナオ地方には、外国人・観光客の誘拐や爆弾テロを行ってきたアブサヤフ他イスラム過激派系のテロリストメンバーがいます。今まではミンナダナオ方面に行かなければよかっただけの話ですが、こうして出たわけですがから、今までは心配のなかったセブでも今後は注意が必要ですね。

     

    てるみくらぶの倒産やフィリピン国内で相次いだ地震、そしてセブ・ボホール地方でのかつてないテロの脅威、セブに関わってから約15年になりますが、こんなに嫌なニュースが続いたのは初めてかな。

     

    セブに限らずですが、安心して海外旅行を楽しめる状況になってほしいですね。

     

    にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
    にほんブログ村

     

     

     

    セブ島ウエディングほか、コタキナバル、プーケットなどのリゾートウエディングもお任せください。
    ビーチリゾート挙式なら、エリスブライダルへ

    HPにて、セブで挙式/フォトウエディングをされたお客様のお写真・コメントをたくさん載せています!ぜひ遊びにいらしてください。

    http://cebuwedding.jp/gallery/

     

    JUGEMテーマ:海外挙式・フォトウエディング

     

    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

    posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    オランゴ島にテロリスト???
    0

       

       

      2017年4月11日の、ボホール島でのテロ未遂(銃撃戦)事件を受けて、「私だったら離島には行かない」と書きましたが、まさかの離島で大変な緊張状態となりました。

       

      セブ・マクタン島の沖にオランゴ環礁というのがありその中にオランゴ島があります。野生生物保護区で、豊かな自然が特徴の、のんびりとしたいい島です。マングローブと浅瀬具合がすごくてビーチ(砂浜)は泳げず汚く見えるのと、島に向かう船のボロさなどで日本人ツーリストには今ひとつですが、環礁には美しい海が広がっており、留学生など在住日本人の手軽なトリップ先として知られる島です。バードウオッチングでも有名です。私が行ったオフシーズンには蜂と蟹しかいませんでしたが。最近は日本人経営のとても素敵なプチホテルもできました。

       

      そんな、のどかな島でまさかのテロリスト潜伏疑惑です。内容を簡単に説明すると、テロリスト(アブサヤフ)とみられる武装した男たちがいると通報があり、水や食料・寝袋などが発見されたとのことでした。このブログの最後にニュースを貼り付けておきます。現在、軍や警察が捜索中です。

      このアブサヤフというテロリストは主に外国人誘拐、爆弾テロを行ってきましたので、オランゴ島を訪れる観光客を拉致する目的なのか、もしくはオランゴ島に潜んでマクタン・セブ島に上陸する機会をうかがっているのか、という推測がされています。

       

      昔、オランゴ島でAVを撮影していた日本人が逮捕されました。何が言いたいかといいますと、地元住民は外部の人をすぐ見分けますし、田舎ならでの監視社会的なものがあると思います。なので、ミンダナオからやってきたテロリスト達が見つかるまでそんなにかからないのではないかと思いますが、島自体が小さくはなく、マングローブやココナッツツリーなど隠れる場所も多いようです。

       

      あんなにのどかで、優しい人達がいる島でこんな状況になるとは・・・早く見つかってほしいです。

       

      もちろん、既に島を離れていることも考えられます。

      引き続き、以下のような場所には近づかないほうが良いと個人的に思います。

       

      セブシティのショッピングモール

      クラブ、バーなど人の多い場所

      観光客の多い有名レストラン

      警備の甘い、マクタン周辺の離島

      マクタンのパブリックビーチ(汚いので、普通は行かないと思いますが)

       

      もし私が今マクタンに行くのなら、セキュリティのしっかりしたホテルにして、ダイビングやアイランドホッピングは場所を選び、(有名なヒルトウガンやナルスアン周辺には行くが、上陸しない)、夜遊びしたかったら警備のしっかりしたカジノとかにするかな。

       

      新しい情報が入りましたらまたUPします。

       

      /////////////////////

      LOOK: Gov't forces find suspected Abu Sayyaf camp

      Junrey Nadela, ABS-CBN News

      Posted at Apr 21 2017 12:34 PM

      Share

      CEBU – Special Weapons and Tactics (SWAT) personnel found an area on Olango Island that may have been used as a temporary campsite by suspected Abu Sayyaf Group members.

      They found a hammock, sacks probably used as sleeping mats, cans and bowls, a bottle, a plastic container probably used to store water, and sliced fish arranged on top of a box to dry.

      Renante Angco Labrica, ABS-CBN News

      Renante Angco Labrica, ABS-CBN News

      Renante Angco Labrica, ABS-CBN News

      Renante Angco Labrica, ABS-CBN News

      Renante Angco Labrica, ABS-CBN News

      Renante Angco Labrica, ABS-CBN News

      The SWAT personnel said the armed men believed to be members of the Abu Sayyaf Group stayed in the area to rest and eat. They continue to interview residents for leads, and are set to scour the rest of Olango Island.

       

       

       

      JUGEMテーマ:海外旅行 総合

      posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      セブ・ボホール旅行キャンセルなどの状況 2017年GW
      0

         

        前回、ボホール島の事件(テロ未遂、テロリストと治安部隊による銃撃戦)について記事を書きましたが、その後のフォローです。

         

        まず、2017年4月21日現在、オランゴ島(セブ・マクタン島から船で20分くらいのところ)ではかなりの緊張状態、警戒地区となっています。これに関してこの後別記事で立ち上げます。

         

        ボホールの事件から約10日間、ゴールデンウィーク目前ですが、日本人のセブ島旅行キャンセルは400〜500名程度とのことです。(エリスブライダルのお客様からは、ご相談はいただきましたが、今のところキャンセルは無いです。)

        日本人よりもツーリストが多い韓国人、こちらはボホール旅行を予定していた人のうち90%近くがキャンセルとなったようです。ボホール島をやめてセブ島に変更した人より、フィリピンへの渡航を中止した人が多いという報道でした。

        以前の記事にも書きましたが、コリアンの方は意外と(失礼・・・)センシティブです。よく、「日本人は心配性で何かあるとすぐキャンセルする」なんて言われますが、韓国人のほうがその傾向は強いです。

         

        韓国の旅行会社は、インバウンド・アウトバウンドともに大打撃ですね。

         

        現在の朝鮮半島の状況を考えると、日本や韓国のほうが怖い気もするのですが、まあ、自分の国で有事に備えるのと、旅先で危険な状況になるのは全然違いますからね・・・・

         

        予定している旅行先で何かあると、「ダイジョウブでしょうか?」と聞きたくなるのは皆同じです。

        これは、「不安だけど旅行には行きたい、大丈夫と言ってほしい」という心理が働いていると思われます。大丈夫かどうかは誰にも分かりません・・・分かっちゃいるけど聞きたいのですよね。

         

        旅行会社の中には、「大丈夫ですよ」というところもあるそうです。うちも、旅行会社ではないけどツーリズム産業なので、「大丈夫っす」と言うべきかも? 言わないけど。逆に、事件のことを煽って過剰に心配させる気もありません。

         

        基本的には分かる限りのことをお伝えして、ご自身に判断いただくしかないのです。

        ただ、分かる限りのことというのはけっこう少ないので、個人的見解であったり、現地の人からの口コミ?的なものを書いています。

         

        とりあえず、オランゴ島の状況についてこのあと別記事にします。

         

        JUGEMテーマ:海外旅行 総合

        posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ボホールテロ未遂 (イスラム過激派銃撃戦) 2017年4月
        0

           

          フィリピン・セブ島の治安関連については皆様からの質問が非常に多いのですが、

          2017年4月11日にボホール島で事件が発生し、GWにボホール島への渡航を予定している

          方も多いことから、以下に情報と個人的な見解をまとめます。

           

          ※ここでいうテロリストとは、フィリピン国内のイスラム過激派組織関連の「アブサヤフ」です。ミンダナオ地方をベースとしており、過去にミンダナオ地方およびマレーシアのサバ州にてテロや外国人の誘拐(身代金目的)などを実行しましたが、セブやボホールのあるビサヤ地方での活動は過去にありませんでした。

           

           

          2017年4月9日

          アメリカ大使館(U.S. Embassy in Philippines)が自国民に対し、ビサヤ地方(セブ島やボホール島)でのテロリストによる誘拐のリスクが高まったという注意喚起を行った。オーストラリア、イギリス、カナダなどもアメリカに続く。

           

          2017年4月11日

          ボホール島のイナバンガという場所で、テロリストとフィリピン政府軍・警察の武力衝突があり双方に死者が出た。(テロとの戦いで若い方が亡くなりました、ご冥福をお祈ります)

           

          2017年4月12日

          日本の外務省のホームページにスポット情報として注意喚起が出たが、ビサヤ地方の危険情報のレベルをあげるまでには至っていない。

          http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C076.html

           

           

          以上が本日(4/14)までの簡単な経緯です。

           

          ミンダナオ島のエリアでは、「渡航中止勧告」や「不要不急の渡航はやめよう」というお達しが出ていますが、ビサヤ地方ではそこまでいっていないので、旅行会社のツアー等は通常通り催行されています。ただし、セブ島発のボホール島観光ツアーなどはここ数日自粛した会社もあります。

           

          当社は旅行会社ではありませんが、セブ島のウエディングを手配している会社なので、この件、とにかく必死に情報を集めています。セブシティ・マクタン島・ボホール島、現地在住の人の話や報道はもちろん、政府・警察や軍の文書も読みました。

          (機密情報ですが、さすがフィリピン、だだ漏れています。Philippine National Police

          がGmail使っているし・・・)

           

          4/11の事件は、日本では「テロリストがリゾート島を襲撃」というようなニュースになりましたが、そうではなく、治安部隊がテロを未然に防いだというのが事実です。この時期はフィリピンのキリスト教の休日「ホーリーウィーク」で、たくさんの観光客がボホール島を訪れる予定であり、また4月下旬にはASEANの会議を開催予定ですので、ピンポイントで狙われたと推測されます。

          (ピンポイントといっても、かなり大きな島ですが)

          ただし、テロリストを殲滅したわけではなく何名かは取り逃がしています。

           

          「テロを未然に防ぎ、また、警戒・警備も厳重になっている今のほうがむしろ安全」

          という見解と、

          「逃亡したテロリストによる報復等の懸念から、さらにリスクが高くなった」

          という見解とに分かれています。

           

          いつどこで何か起こるか誰も分からないので(米軍のTOPやCIAは知っているかもしれないけど)セブやボホールに旅行に行くかどうか、それぞれの個人・ご家庭で決めてください、としか言いようがありません。

           

          もし私だったら・・・慎重にはなるけど、場所を選んで行きます。

          ホテルは、ある程度の規模(有事の際のマニュアルやセキュリティがしっかりしている)以上にします。

          アブサヤフはリゾートホテル等に海から入ってホテルのスタッフや客を誘拐するので、海沿いのホテルなんて危ないじゃん、というのは事実ですが、マクタン島の五つ星クラスのリゾートホテルなら可能性は薄いと個人的に考えます。

          もともと、マクタン島のホテルは出入りに関しての警備が厳しいです。また、マクタン沖には観光客向けのバンカーボート、漁師、軍関係の船などが多く、見慣れない船が来たらすぐに情報が入るので誘拐はしにくいのではないかと。私の個人的な勝手な希望的観測。

           

          さらに、マクタンの引き潮は半端ないので、ボートで横づけしてすばやく上陸できるチャンスが少ないです。

          16世紀の話になりますけど、マゼラン率いるスペイン軍にラプラプが勝利したのは引き潮のおかげというエピソードがあります。(引き潮のため軍艦が近づけず、サンゴ礁などで足場が悪い所を行軍したため負けた)

          マクタンのビーチでは引き潮のときは本当に汚く、(きちんと整備している一部のホテルビーチはOK)普段はがっかりさせられていますがこんな歴史と利点があったのですね。

           

          話が少しそれましたが、もし私だったら、の続き。

          離島や「田舎のアットホームなホテル」には行きません。

          ショッピングモール、ナイトクラブ(まあもうそんな年じゃないけど)には行きません。

          バスターミナルや港などには近づきません、空港もなるべく長居しません。

           

          買物できないのは残念ですが、ダイビングしてホテルのプールでまったりできれば私はそれで良いのです。

           

          旅行というのはそれぞれのスタイルがあるので、「ホテルは寝るだけの安宿にして、外にガンガン遊びに行きたい!」というタイプだと、不安はしばらくあるかもしれませんね。

           

          日々新しい情報が入ってきますが、シェアすべきものがあればこのブログに順次UPしていきます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:海外旅行 総合

          posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          フィリピンまでの空の旅 その2
          0
            今回は大韓航空(KOREAN AIR)を紹介します。

            世界各地からソウルのインチョン空港へ、インチョンーセブとなりますが
            最近、利用される方が多いみたいです。日本各地・世界各地からゲストが集まるセブ島団体旅行の場合、「インチョンで集合」なんてケースもあるみたいですね。

            まず、利用者泣かせなのが時間帯です。。。
            セブに夜中(日付が変わるころ)到着し、セブ発は25:30ごろ(夜中1:30ごろ)と
            なります。どのホテルも14:00以降チェックイン、12:00チェックアウトと
            なりますので、到着日の宿泊に「もったいない感」があるのと最終日のチェックアウト後を
            どう過ごすかがポイントとなりまして。。。
            今まで搭乗経験なかったのですが、今回の旅行で初利用しました。
            (マイル利用のビジネスクラス)

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            まずは成田空港のラウンジ。基本的なアルコール類と軽食のみです。
            軽食は大したことなかったのですが、このあと機内でおいしいお食事がいただけます。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            成田―インチョン線。期待していなかったのですが、フルフラットの快適な
            シートです。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            短い路線なので、食事も期待してませんでしたが、ビビンバが出ました!!
            旨い!!!うますぎる!!!

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            あっという間にインチョン国際空港に到着。
            乗継も1時間ほどだったので、ちょうどよかったです。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            成田―インチョンと同じ器材です。私と主人は横幅が年々大きくなり
            腰痛持ちなので、フルフラットだと本当に体が楽です。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            インチョン―セブのフライトは4時間前後なので、食事は前菜からスタートします。
            もちろん、アルコール類もかなり充実しています。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            サラダと漬物・・・

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            メインは3種類からチョイスですが、ビビン麺を選びました。みそ汁がつきます。
            洋食の場合はスープとメインとパンがつきます。
            というか、、、さっき成田―インチョン線でビビンバを食べたばかりなので
            けっこうお腹いっぱいです。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            デザートには、フルーツとアイスがつきます。
            私はアイスは食べなかったのですが、旦那によると、「ちょうど良い溶け具合」で
            出てきたそうです。PAL(フィリピン航空)のアイス、いつもカチカチだもんね。。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            玉ねぎと梅の漬物が美味で、食後もお酒を飲みながら、ちびちび・・・。

            なお、セブの空港は夜中にも関わらずかなり混んでいました。
            同じ時間帯に、コリアンエアー以外に、もう2便(たしか、エアープサンとアシアナ)
            が到着するもようです。
            この混雑以外は、往路はかなり快適な感じです。

            続いて、復路(帰国の話)。。。

            夜中の12:00ごろに空港に到着するスケジュールですが、チェックアウトの
            12:00からの12時間をどうすごすか。。。
            (※基本的には出発の2時間前には空港にご到着ください)

            1.もう1泊分払って夜にホテルを出る
            2.ちょい追加料金を払って18:00ごろチェックアウトする
            3.チェックアウトして時間をつぶす

            のような選択肢になります。ホテルの空室状況により、2、3時間はレイトチェックアウトをサービスしてくれる場合もあります。

            私たちは13:00ごろ部屋をチェックアウトし、夕方までプールでのんびりしました。
            (シャングリラホテル内のジムでのシャワー・お風呂はチェックアウト後でも利用できましたので助かりました)

            夕方からはドライバー付きレンタカーを借り(荷物があるので)
            カジノ、オイスターベイレストラン(知人と食事)、神楽という居酒屋に行きました。
            本当は神楽でお風呂・マッサージ・店でだらだらを楽しむ予定でしたが、
            オイスターベイで飲みすぎたため、残念ながら少ししかいれませんでした。
            次回リベンジの予定。

            日付が変わる少し前にマクタン空港に着きます。

            セブ空港ラウンジ

            ラウンジはPALのラウンジが使えます。
            「もう1滴も飲めん・・・」ていうくらいに飲んでましたが、

            セブ 空港
            飲んだことないビールがあったので、つい飲んでしまいました。

            セブーインチョンの機内はひたすら爆睡・・・
            食事も飲物も頼まなかったので、あまり記憶がありません。

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            インチョンでは、2時間ほど待ち時間がありました。
            本当は化粧品などの買物を楽しみにしていましたが、その体力・気力がなく。。。
            ラウンジでぼーっとしていました。
            (けっこう広いラウンジで食事やシャワーなど充実しています)

            セブ インチョン セブ 大韓航空

            帰りの、インチョンー成田の路線だけ少し座席がせまいように感じました。
            フルフラットではありますが、機材が違ったため、そのように思っただけかも・・?
            どちらにせよ、2時間くらいの短い時間です。
            食事はやっぱりおいしかったです!!!

            大韓航空、けっこう好きになりました。CAの制服もかわいい〜☆

            なお、大韓に限らず、ビジネスクラスはやっぱり楽です。
            私はよくマイルを使いますが、割引で購入でも15万〜で往復チケット買えます。
            プロモなどではもっと安いことも。
            ハワイや、他のリゾート地タイ・マレーシアなどに比べ、手が出やすい金額なので、
            特別な旅行の際にはぜひお試しになってください。
            (グアム線はセブよりもっと安いけど、優先搭乗以外の良さは感じられなかったかな。)

            ビジネスでセブ行くならPAL(フィリピン航空)のマニラ線、今回のKALが一押しですね。エコノミーだったら、PALの成田ーマニラ直行便がやはり最強かと。
            (帰りの朝早いのが微妙ですが)

            他の航空会社(JAL、台湾経由のチャイナエアー、香港経由のキャセイ)も
            利用機会がありましたらご紹介します。

            ジェットスターやセブパシの国際線は。。。どうかな〜そのうち乗るかな。。。
            安いイメージがあるけど、結果的に大手のエコノミーと比べると
            そんなに安くない気がします・・・
            あとからちょこちょこと料金がかかる、小金をじわじわせびられるようなシステムが嫌い。
            機材不良なのに、天候不良と言い張ったりするし。

            目的地までの空の旅、単なる輸送手段といえばそれまでなのだけど
            どの会社・どの席であれ、気持ちよく過ごしたいですね♪


            にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
            にほんブログ村



            セブ島でのウエディングほか、コタキナバル、プーケットなどの
            リゾートウエディングもお任せください。
            ビーチリゾート挙式なら、エリスブライダルへ

            HPにて、セブで挙式/フォトウエディングをされた
            お客様のお写真・コメントをたくさん載せています!
            ぜひ遊びにいらしてください。

            http://cebuwedding.jp/gallery/


            JUGEMテーマ:海外旅行 総合
             
            posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            フィリピンまでの空の旅
            0
              日本から、フィリピンセブ島へ。
              航空会社別にご紹介します。

              1.フィリピン航空 PAL
              セブ島へは成田から直行便が出ています。その他の空港からは、マニラ経由で。

              セブ 飛行機


              エコノミークラスの食事は「とてもまずい」時と「意外にうまいじゃん」の時があり
              不思議です。

              セブ 直行便

              セブ 飛行機

              セブ 行き方

              セブ 飛行機

              成田ーマニラのビジネスはとても良いです。
              ほぼフラットになるので、もっと寝ていたいくらい。
              ただし、成田ーセブ直行便の場合は機材が違い、「ビジネスにしては残念」な
              感じはあります。
              マニラのラウンジは成田のラウンジと比べると、食事・サービスともかなり質が
              落ちますが、ラウンジ内のトイレが綺麗なのは良し。
              (マニラのターミナル2の女子トイレ、数が少なくてけっこう並ぶのです。
              お腹の弱い私には毎回プレッシャー・・・)


              2.日本航空 JAL
              成田ーマニラで1日2便就航しています。
              乗ったことがないので、分かりません。乗る機会があればUPします。

              3.全日空 ANA
              成田―マニラで1日1便就航しています。
              セブ 飛行機

              セブ 行き方

              1回だけ、ビジネスクラスで利用しました。
              ビジネスなら、フィリピン航空のほうが良いです。席もさほど広くないし、
              何より、マニラ空港のラウンジがない(専用カフェはあるのですが・・・)↓

              セブ 旅行


              4.デルタ航空 (昔はノースウエスト)
              成田ーマニラで1日1便就航しています。
              夜22:00にマニラに着くので、「乗っちゃいけない便」として有名でした。
              (夜間の空港からマニラ市内への移動には危険が伴うため)

              1回だけ、エコノミークラスで利用しました。
              セブ 行き方

              セブ 行き方

              マニラ 行き方

              フィリピン人の利用が多く(=荷物がとても多い)、飛行機降りてから時間が
              とにかくかかります。。

              5.その他
              ジェットスター、セブパシフィックなどでマニラ入りする方も多いようです。
              これも乗ったことがないので、乗る機会があればUPします。
              ぱっと見のお値段は魅力的ですが。。。荷物超過料金など考慮するとそんなに変わらない
              ような気もしてきます。
              他には香港・台湾・韓国経由などがあります。1〜4の航空会社に比べると
              だいぶ安いようですね。日程に余裕がある場合にはこれを利用するのもいいかと思います。



              にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
              にほんブログ村

              //////////////////////////////////////////////////

              セブに関するご質問はお気軽にご連絡ください
              エリスブライダル
              info@cebuwedding.jp

              ただし、ウエディングのお客様を優先とさせていただきますので
              セブの現地情報(レストランやスパ、交通)などについての
              ご質問に対しては返信が遅れる/できないことがあります。
              セブの治安・天気などに関してはこのブログ内の
              「セブ基本情報」をご参照ください。




              JUGEMテーマ:アジア
               
              posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              セブ島タクシー事情
              0
                 
                JUGEMテーマ:アジア

                セブ島の交通手段、特にタクシーについてのご質問が多いため
                今回は「メータータクシー」についてもうちょっと詳しく書きます。

                以前の記事に書いたように、基本的にメータータクシーはあまりお勧めしません。
                料金交渉が面倒なのと、暴走屋がいるからです。
                ラリってたり居眠りしたりする奴に出くわすことも、稀ですがあります。
                運転手つきレンタカー、ホテルタクシー、空港クーポンタクシーの
                ご利用が無難だと思います。
                ↓ こちらをご参照ください
                http://cebublog.jugem.jp/?eid=6

                それでもメータータクシーに乗る方への、以下アドバイスとなります。

                1.セブシティ内の移動
                比較的楽なケースです。メーター通りに走ってくれることが多い。
                ショッピングモールのタクシースタンドから乗れば、車両番号を控えているので
                若干安心感はあります。ただし、夕方や週末、雨の時などはありえないくらい
                長蛇の列ができることもあります。

                2.セブシティからマクタンへの移動
                セブシティのドライバーはマクタンへ行くのを嫌がります。
                帰りに客が拾えず、ガソリン代(けっこう高い)を損する可能性があるからです。
                「メーター プラス チップ○○ペソ」で交渉すると良いと思います。
                じゃあ、何ペソかという話ですが、私はだいたい50ペソ〜100ペソプラスしています。
                100ペソはあげすぎだと現地の友人に怒られることもありますが、
                夜間だったり、安全運転の約束を守ったら、あげるようにしています。
                20ペソ渡す人や、チップ無でメーターのみで行くタクシーを探す人や、いろいろです。

                3.マクタン島内移動
                「マクタンにいる外国人=金を持っている観光客」という図式ができているので
                メーター通りに走ってくれることはほとんどありません。
                ぼったくり幅も、100ペソ〜1,000ペソと様々。
                必ず、乗車前に料金を交渉しましょう。
                メーターを使わないケースも多いので、「どこまで、車1台(全員)でいくらか」を
                確認してくださいね。
                ホテルやレストランでタクシーを頼んだ場合には、呼んだスタッフに交渉してもらいましょう。
                各目的地までの目安をここで書ければいいのですけど、
                しょっちゅうガソリン代があがったりするので具体的な金額は明示できません。

                【料金交渉について】
                50ペソの価格差で、鬼ような形相で長々と料金交渉をしている人がたまにいます。
                現地在住者は生活の問題ですから別の話ですが、観光客の場合、50ペソくらい
                多くても良いのではないかと思うんですが。。。
                お金の問題ではなく、「多く取られる」という不快感があるのは理解できます。
                私もそうです。
                ですが、飛行機代に何万円も払って、燃油サーチャージに10,000円以上払って、
                せっかく旅行に来ているのですから、交渉に費やす時間がもったいないと思います。
                最初に1、2分で料金に納得がいかなければ、別の車を探したほうがいいですね。
                交渉自体を旅の醍醐味として楽しむのはいいですが、長々と交渉して話が決裂すると、
                相手が逆上する場合もあります。

                【ドライバーからのお誘い】

                「市内観光に行かないか?」
                「マッサージの安い店を知っている」
                「両替所に連れてってあげる」
                「そのお店は今日は休みだ、もっとおいしいところを知っている」

                マクタンでタクシーに乗るといろいろなお誘いを受けます。
                アジアの定番ですね、これ。
                ドライバーにキックバックのあるお店に連れて行かれます。

                NOと言えない日本人、つい「えへへ・・」などとあいまいに返事しますが
                きっぱり、ノーサンキューでいきましょう。
                「明日ね」なんて適当にいうと、「トウモロー ホワットタイム?」と長々と
                話が続き、朝からホテルの前で待ってたりしますから!!

                【安心なメータータクシー】
                ここなら絶対安全、安心というタクシーは存在しません。
                比較的安心度が高いのは、タクシースタンドのタクシーやホテルで呼んでもらう
                タクシーです。
                KENタクシーは、日本人が社長のようで、何回か使ってますが
                比較的良いように思えます。
                (ドライバー次第なので保証はできません。)

                セブ タクシー

                ※うちの旦那の名前はKENですが、ただの偶然であり、
                私はKENタクのまわしものではありません






                posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 17:23 | comments(0) | - | - |
                セブの気候 雨季・乾季について
                0
                   JUGEMテーマ:アジア

                  治安と一緒に、私のお客様に必ず聞かれるのがこの質問です。

                  セブ島では、5月〜10月が雨季で11月〜4月が乾季、
                  ベストシーズンは1月〜4月といわれていますが
                  基本的には、セブ島では雨季・乾季はそんなに気にしなくても
                  いいと思います。
                  (ボラカイ島やパラワンはまたちょっと違うケド・・)

                  雨季といっても、1日中雨が降るようなことは珍しく
                  スコールがざっと降るような日が多いという感覚です。

                  ここ数年は異常気象のせいか、雨季・乾季というのはあまり
                  当てにならないみたいですね。
                  雨季でも毎日晴天の日が続くこともあるし、
                  乾季でも1日中どんより曇ってしまうこともあります。

                  なお、天気とは関係ないのですが、12月〜1月は
                  セブはとっても込み合います。

                  12月(クリスマスシーズン)
                  1月 (セブ最大のお祭り シノログ)
                  2月 (中国の旧正月)

                  ホテルがなかなか取れなかったり、街中が大渋滞に
                  なったりするのでこの時期にご旅行を予定されている方は
                  ご留意ください。


                  posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 18:05 | comments(0) | - | - |
                  セブ島の治安 トラブル例
                  0
                    JUGEMテーマ:アジア

                    セブ島で結婚式を検討されている方に必ず聞かれるのが

                    「セブって治安は大丈夫ですか?」

                    というご質問。やはり、セブ島=フィリピン=治安が悪い
                    というイメージは固いようです・・・

                    安易に答えられない質問ですが、簡単に言えば
                    良いとも悪いとも言えません。その人の行動次第というところです。
                    諸外国に比べ特別に悪いわけではないと思います。
                    基本的なことに注意をしていただければ
                    安全に旅行をお楽しみいただけるはずです。

                    過去にセブ島であったトラブル例をいくつかご紹介します。
                    フィリピン特有ではなく、他の国でも普通に起きてることがほとんどです。

                     貴重品を盗まれた!!

                    ショッピングモールやマーケット、公共の乗り物などにはスリが
                    いますので、人の多い場所での貴重品の管理には充分に注意してください。
                    なお、お部屋内に現金を置きっぱなしにしたり、レストランのテーブルの上に
                    カバンを置きっぱなしにする、などというのは論外。
                    ホテル内でも貴重品はセーフティBOXへ。
                    ただし、セーフティBOXに入れておいた財布から現金が減っていた、
                    というケースもゼロではないです。稀ですが、あります。
                    私はいつも、セーフティBOXのボタン(ナンバーを打ち込むタイプ)を
                    綺麗にしてます。(どの番号を押したか、指やほこりの跡で読み取れる)
                    中級ホテル以下の場合には、BOX内に「¥20,000」「P10,000」などの
                    残金明細メモを分かりやすく置いておきます。
                    カメラやパソコン、携帯などはつい、部屋に置きっぱなしにしてますが
                    今までに盗まれたことがないのは、運が良かったということだけです。
                    高級ホテルでは、部屋のものがなくなることは滅多にありませんが、
                    高級・中級問わず従業員のモラルと教育によるものなので、
                    ○○だから絶対安心、というのは言えません。


                     強盗、ひったくりにあいました
                    運が悪かったか、行ってはいけない場所と時間を知らなかったか。。。
                    セブシティ、マクタン島にも治安の悪い地域があります。
                    知らない地域でぶらぶらと出歩いたりせず、
                    乗り物に気をつければ避けられるケースがほとんどです。
                    たとえば、セブシティの「カルボンマーケット」というところは
                    治安の悪さで有名です。観光ツアーなどですと、「車窓からの見学」
                    になります。一見すると、人もたくさんいるしそんなに危険そうに
                    は見えません。私はガイドと一緒に、30分くらい買物などをしました。
                    その時は何もなかったのですが、次回もそうだという保証はどこにも
                    ありません。現地のことをよく分からないうちは、「ぶらぶら歩き」は
                    危険です。

                    ジプニー(バス)に強盗が乗車してきた、という話も聞きますので
                    移動は「安心できるタクシー」が無難です。
                    ちなみに、全てのタクシーが安心できるわけでもないので、
                    詳しくは「セブ島 現地交通手段」をご参照ください。


                     ぼったくられました
                    アジアでは、ものの値段はあってないようなもの。
                    物を買うにも、乗り物に乗るにも、必ず事前に料金を交渉しましょう。
                    もともとの物価が安いので、ぼったくりに気づかないケースもあります。
                    なお、料金等で喧嘩になり、相手を逆上させると大変危険です。
                    毅然とした態度で臨むことは大切ですが、相手を怒鳴りつけたり侮辱するのは
                    やめてください。相手に100%非がある場合でも、逆切れされると面倒な
                    ことになります。観光客がけがをさせられた例もあります。

                     金をせびられた
                    チップせびりのような小さな不愉快から、借金の申し込みというような
                    大きな不愉快まで、たくさんのケースがあります。
                    基本的にはやさしく親切な人が多いのですが、
                    チップ目当てで道案内や荷物の手助けをしてくる人もいます。
                    たった3秒の手助けで「チップ、チップ」という人もいれば、お礼として
                    渡したものを受け取らない人もいるので判断が難しいですが。。。
                    マリバゴグリル周辺では、日本語で話しかけてくる人が多いです。
                    「どこいくの?」「タクシーいる?」「なにさがしてる?」など。
                    無視するのに心が痛む場合には、「ノーガイド、ノーサンキュー」で!


                     フィリピン流オレオレ詐欺
                    最近はやっているようです。ホテルの部屋に電話がかかってきたり
                    外出先で声をかけられたりします。
                    「ほら、私、私、あなたのツアーのガイド。(またはガードマン、ホテルスタッフ)」
                    というような感じで会話がスタートし、その後借金の申し込みをしてきます。
                    基本的には「オレオレ」ですが、本物のガイド(空港に送迎に来た人)や
                    ホテルスタッフがお金をせびってくるケースもあります。
                    理由は主に「同情系」で、家族の病気、事故、誕生日など。
                    貸したお金が戻ってくるはずはありません。
                    「どうせ数千円だし、、、」なんて貸して(あげて)しまっても良いことは
                    ありません。「あの人はとてもいいカモだ」という噂があっという間に
                    広まり、あちこちからやってきます。
                    また、あなたに感謝するのではなく、あなたというカモに出会えた幸運を
                    神様に感謝します。

                     あきらめない物売り
                    現地で声をかけられ、安いツアー(アイランドホッピング、観光など)
                    に参加すると登場するのがこの人たち。船に乗り込んで来たりします。
                    いらない、お金がない、といってもとにかくしつこい。
                    こちらでも「同情系」の話がスタートし、「このお金でこの家族が喜ぶなら・・・」
                    という気持ちで、そこらへんの貝殻を500円で買ってしまうわけです。
                    そして、一人から物を買うと、それを見た周辺の物売りたちがおしよせる
                    結果に・・・。
                    実弾射撃に行って、銃を持ったスタッフから貝殻を買わされた人もいます。
                    ツアー、アクティビティに参加する場合にはきちんとした会社を選びましょう。

                     賭博詐欺、美人局
                    フィリピンのみならずアジアでは有名な犯罪ですが、
                    巻き込まれる人がいまだにいるのですね。
                    向こうから声をかけてくる人は基本無視が鉄則です。
                    「家族が日本にいる、日本語を勉強している、アンケート調査をしたい」
                    「その靴はどこで買ったの?」「昨日、○○で見かけました」
                    などといって声をかけてきます。
                    そこから話がもりあがり、その人の家に行って賭博詐欺にあったり、
                    または食事を出されて料金を請求されたりします。
                    日本でだって、知らない人の家やホテルなどの密室に行くのは危険でしょう?

                    だいたいがこんなところでしょうか。。。
                    緊張したり、人を疑ってばかりでは楽しい旅行にならないのも事実。

                    南国の解放感を味わいつつも、気をつけるとこは気をつけていただく
                    というのがポイントです。

                    セブ島旅行を楽しんでいただければと思います♪



                    posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 16:29 | comments(0) | - | - |
                    セブ島現地交通手段
                    0
                      JUGEMテーマ:アジア

                      セブ島での交通手段についてです。

                      1.メータータクシー

                      日本と同じで、流しのタクシーやタクシースタンドにいるタクシー。
                      ホテルで呼んでもらうこともできます。
                      ただし、場合によっては白タクに変化するため注意が必要です。
                      チップをせびる場合やふっかけてくる場合があるので
                      乗車したらまずはメーターを作動させるよう伝えてください。
                      なお、ツーリスト/ホテルの多いマクタン島ではメーター通りに走ることは
                      稀です。(セブシティからマクタン島へ来る場合にも)
                      メーターを使わない場合には、必ず交渉しましょう。
                      居眠り運転や粗暴運転も珍しくなく、初めてのセブ島旅行にはお勧めしません。

                      2.ホテルタクシー


                      ホテルで用意している車・ドライバーを利用するタクシーです。
                      メータータクシーに比べ割高ですが、行先により金額が決まっているのと
                      比較的安全運転・車が綺麗なのでお勧めです。

                      3.空港クーポンタクシー


                      こちらも行先により金額が決まっているので、安心して利用できます。
                      空港の端のほうに乗り場があるので、その前に白タクをつかまえないよう
                      (つかまらないよう?)ご注意!

                      4.運転手つきレンタカー

                      あちこちに移動したい場合や快適な旅行のためには一番のお勧めです。
                      (私はセブ島に行ったらほとんどコレです)
                      2時間や半日などで車とドライバーを借りるパターンです。
                      安心感が一番高いのと、料金交渉やタクシー待ち(セブシティでは
                      タクシースタンドに長蛇の列ができることも珍しくありません)の
                      煩わしさがないので、
                      観光→買物→食事→マッサージなどといったように、効率的にセブを
                      楽しむことができます。せっかく飛行機やホテルのお金を払ってセブに
                      行くので、無駄な時間はなるべく持ちたくないですね。。。

                      5.トライシクル

                      短距離の移動によく使われます。ローカルだと乗合で
                      10ペソ以下ですが、ツーリストだと貸切にされて
                      しまうので料金の交渉が必要です。
                      1回は乗ってみてもいいのではないでしょうか。。。

                      ※手荷物等には充分に注意してください


                      6.ジプニー
                      やたら派手なバス。
                      いろいろなペイントがあるので、眺めていると
                      飽きないです。車体に行先が書いてあります。
                      ルートと料金体系が複雑なので、ツーリストの方には
                      お勧めしません。また、スリが多いですし、時間帯や
                      場所により強盗が乗車してくることもあるので
                      なるべく乗らないでください。






                      posted by: ErisBridal | セブ島基本情報 | 15:49 | comments(0) | - | - |